来館時間のお願い  (2020/09/18)

ツアー形式のために、予約時間に遅れることなく多くの方がご来館くださいます。ありがとうございます。
入館時間につき、ご留意お願い申し上げます。
  1回目: 09:55から入館可能
2回目: 12:15から入館可能
 3回目: 14:45から入館可能

開館準備や、他のツアーグループが退館するまで、ご入館いただけない場合があります。

***

オンライン予約システムのお知らせ(2020/09/01)

 

当センターへのご関心ありがとうございます。
来館には、事前予約が必要です。
予約は https://booking.ihic.jp/ です。
または、こちらをクリックしてください。

 

[留意] 観覧は『ガイド付きの時間限定のツアー』のみです。

開始時間に全員揃わないと他の来館者の迷惑になります。

***

 

情報センターへのアクセスのお知らせ(2020/8/27) 
当センターへは、「公共交通機関またはタクシー」をご利用ください。
自転車および二輪車を含む自家用車では、別館および総務省敷地内には

乗り入れできません。その場合は、近辺の有料駐車場をご利用ください。


***

  

予約およびガイド案内のお知らせ(2020/8/17)

現在当館では事前予約制を実施しています。
1.3枠ともに、見学時間は2時間です。
2.現在は、ガイド付きツアー形式です。
          予約枠ごとにガイドがアテンドします。

***

 

一般の来館者の方々にはご了承お願い申し上げますが
メディア取材と同じ時間帯になる場合があります。
改めてご理解いただけますようお願い申し上げます。

******

 

産業遺産情報センターについて

 

産業遺産情報センターは、世界遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の

インタープリテーション戦略(2017年11月 ユネスコ世界遺産センターに提出)に基づき

「明治日本の産業革命遺産」の8県11市に立地するビジターセンターの中核センターとして

各地と連携しインタープリテーション戦略を推進します。

 

なお、同センターは調査研究機関としての機能を有し、国内外の産業遺産並びに産業史の史料収集、

調査研究、広報活動、インタープリテーション、教育・研修、保全と活用、

ディジタル文書化などの事業を推進し、情報発信を行います。

調査・研究には産業労働や暮らしについての調査や発信が含まれます。

 

2020年3月31日に開設されましたが、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため

臨時休館しておりました。

 

緊急事態宣言の解除および東京都の活動再開のロードマップを踏まえ

202015日より公開いたします。

 

新型コロナウイルスの感染拡大防止のための対策の一つとして

入場人数を制限し、当面、完全予約制といたします。

 

***

 

       予約申込の方法

 

下記の情報とともに申込みください。
① 希望来館日の3営業日前の申込み
(月曜日ならば、前週の水曜日中)

② 来館希望者の氏名、人数、
 連絡先電話番号および
 Eメールアドレス

 

開館・閉館: 10:00-17:00 
最終入館時間: 16:30
休館日: 
原則として土日、国民の休日および12/29-1/3

 

なお、予約のない方の来館はお断り

させていただきます。

 

   電話: 0120-973-310
   FAX: 03-6457-3658

   Eメール:  info@ihic.jp

   ご理解とご協力のお願い

 

① 非接触型の検温器で体温チェック

② マスクの着用

③ 入館時の消毒

④ ご氏名、ご住所、緊急連絡先の 「連絡先カード」への記入

 

なお、風邪の症状、強い倦怠感、息苦しさ、および発熱のある方の来館は お断りさせていただきます。

        観覧の際のお願い

 

① 社会的距離(2メートル)の維持

② 最低限のタッチパネルの操作

③ 図書の閲覧はご遠慮ください

 

感染症対策として、操作パネル等の アルコール消毒を行います。

 

 


アクセス


住所

162-0056
新宿区若松町19-1 総務省第二庁舎別館
電話:0120-973-310

最寄駅
都営大江戸線「若松河田」駅
「河田口」から徒歩4分


公共交通機関をご利用ください。
別館敷地内には駐車場はありません。


行き方
1.「河田口」(エスカレータ)で地上へ 
2.正面の「横断歩道」を渡り左折 
3.「若松地域センター」のわき道を右折 

4.道沿いの左側には「区立余丁町小学校」
5.小学校の角を曲がると正面に「総務省」の看板

6.「大江戸門」が「産業情報センター」の門